晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥志穂

<<   作成日時 : 2006/07/28 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

なぜ魅せられるのか、と聞かれると困ってしまいます。
正直なところ、それほど熱心な観客ではないので。

何しろ、知っているのはランス・アームストロングくらいという、まったくのド素人です。
ロードに乗っているとは言っても、自分自身がレースに出るわけでもなく、
“集団”で走ったこともありません。

でも、一応自転車に興味はあり、だからこそこんな本も購入したわけですが、
これが面白いのです。

自転車レースの醍醐味を文章にしようとしたって、
そんな簡単にはいかないだろうと思っていました。
野球のラジオ中継が、テレビの臨場感を上回ることが難しいように、
実際のレースシーンを見るのと文章を読むのとでは違うだろうと思ったのです。

ところが、それがなかなか。
レースシーンを読ませても情景が目に浮かぶように書かれているし、
その上背景にある人間模様も描かれていて、とても読み応えのある一冊でした。

先日読んだ『万年筆の達人』がどちらかというとマニア向けの(やや独りよがりな)文章だったのに対して、この本はロードレース初心者が読んでも十分楽しめる本だと思います。

惜しむらくは今年のツールがドーピング問題に揺れて、
巻末の対談で優勝候補に挙げられていた選手たち、
ウルリッヒやバッソが出場しなかったということですね。

来年のツールまでには、我が家もケーブルテレビに加入して、
J Sportsを見られるようにしたいものです。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

本日の走行距離【29.0】km

人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか
人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フランス
フランスフランス共和国(フランスきょうわこく)、通称フランスは、西ヨーロッパに位置する国家|国。ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ、スイス、イタリア、モナコ、アンドラ、スペインと国境を接する。欧州連合加盟国。国際連合|国連常任理事国|安保理常任理事国。|-| align= ...続きを見る
世界の旅
2006/07/29 09:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』 土肥志穂 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる