晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽村取水堰往復

<<   作成日時 : 2007/01/03 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三が日最終日、多摩サイは正月休みが終わるのを惜しむ人々でいっぱいでした。
えっ?皆さんは8日までお休みですか?それはうらやましい。

私も今日は羽村取水堰を目指します。
前回は途中で道に迷って(なぜ多摩サイで迷う?)多摩橋でタイムリミットを迎えてしまったので、今回はリベンジです。

それにしても本当に人が多いです。
ロードも多いし、リカンベントも何台か見掛けました。
ランナーやウォーキングの方も多く、調布から府中の辺りはまっすぐ走れません。
河原を眺めれば、日本の正しい正月風景、凧揚げです。
時々サイクリングロードを横切って糸を繰り出している子供がいるのもご愛嬌です。

前回迷う原因となった中央道から立川公園への道もクリアして、今回は無事羽村取水堰に到着することができました。

画像


玉川兄弟が迎えてくれました。

画像


ここまでちょうど50kmです。

帰路、福生市から昭島市に入ったところで、ウォーキングのおじさんに声を掛けられます。
すぐ側の水飲み場は、水がたいへんおいしいのだそうです。

画像


「昭島市の水が一番美味しい」とのこと。
「知ってるかもしれんけど」…いえいえ、多摩サイ初心者ですから。
せっかくですから、ボトルの水を交換してきました。

往路よりも人出が増えた上に素敵な向かい風が、ヘロヘロの私を襲います。

そんな中、今日一番驚いたのがこの方。

画像


後ろ姿も麗しい女性ランナーですが、私、この方を午後1時に府中四谷橋近くのセブンイレブンでお見掛けしたんですね。
私が昼食を食べている横を、上流に向かって走って行かれました。

この写真は午後4時、川崎市の平瀬川付近です。
およそ20kmほど離れた地点だと思うんですが、今度は下流に向かって走っています。
一体、何時間掛けて何十キロ走っているのか、見当もつきません。
自転車で、この程度の向かい風にヘロヘロ言っている自分が情けなくなっちゃうような、スーパーウーマンでした。
見習わせていただきたいものです。

ところで、多摩サイの本当の終点は、羽村取水堰よりもう1kmほど上流へ行った、阿蘇神社なんですね。
やれやれ…また次回、リベンジです。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

本日の走行距離【98.2】km あれ?100kmいきませんでしたね。
さすがにランニングはお休みです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽村取水堰往復 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる