晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 『風魔』上・下 宮本昌孝

<<   作成日時 : 2007/05/18 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ルイガノ Casper Pro 用にボトルを新調しました。
スローピングフレームなので、今までのサイズだと取りにくかったので。
色も自転車に合わせて“赤”!!
いよいよ真っ赤っかです。

画像


さて、今日は宮本昌孝さん『風魔』上・下巻、読了です。

先日床屋での待合いに、車田正美の『風魔の小次郎柳生暗殺帖』が並んでいました。
忍者が学ランというベタベタな車田テイストに懐かしさを感じつつ、おおそう言えばまだ読んでいなかった、と思い出したのがこの作品。

数ある忍者の中でも、猿飛佐助、服部半蔵の次くらいに有名なのがこの風魔小太郎じゃないでしょうか?

万治年間に著された『北條五代記』に、北条家に仕えた風魔忍軍の描写があるそうなので、恐らく実在の忍者だったと思うのですが、本作では秀吉の小田原攻めから家康の開幕までの史実を交えながら、巧みに風魔小太郎の活躍を描いていきます。

史実(?)では、北条滅亡後の風魔衆は江戸を荒らす盗賊と堕し、小太郎も最期は密告によって処刑されてしまったそうなのですが、本書の風魔衆はあくまでも格好いい!!

小太郎はちょっと夢枕獏さんが好きそうなタイプの好漢ですし、小太郎の元に残った風魔衆の結束や、小太郎に心を惹かれて陰に陽に助力してくれる者たちも皆、義に生きるタイプで好感が持てます。

敵役はあくまでも憎々しく(とは言っても、皆それぞれに信じるところに従っているのでしょうが)、それだけに風魔小太郎の生き方が爽やかに見えて、読後感がとても気持ちのいい作品でした。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

本日の走行距離【17.84】km 走行時間 45分 平均速度 23.3km/h 最高速度 38.5km/h
ランニングはお休み。

風魔―長編時代小説 (上)
風魔―長編時代小説 (上)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『風魔』上・下 宮本昌孝 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる