晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 空気入れ

<<   作成日時 : 2008/02/26 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここしばらく、諸々の事情からあまり自転車通勤ができていませんでした。
まぁ、一番の理由はランニングの方に比重がかかっていたということなんですが、春一番も吹いたことだし、あと一週間もすると啓蟄だし、そろそろ自転車の虫も蠢きはじめました。

ところがいざ乗ろうとすると、やっぱりしばらく乗っていないと空気が抜けているものです。
仕方がないなぁ、と空気入れをシュコシュコ動かし始めましたが、おや?ある程度まで入れると途中から全く空気が入りません。
ママチャリ程度なら何とかなりますが、こんなフニョフニョのタイヤではロードは走れません。

私のポンプはSILCA PIATAにHIRAMEポンプヘッドという、巷では最強とされる組み合わせなのですが、これも巷の噂では非常に当たりはずれがあるらしく、今回のような症状もよく見られるもののようです。

原因はシリンダー内部の革パッキンの劣化。
シリンダー上部のネジをはずして、ピストンを抜いてみると、案の定パッキンがボロボロになっています。ここから空気が漏れているんですね。

画像


さて、よくある症状なだけに対策も一般的で、この革パッキンを交換すればいいらしい。パッキンは消耗品なので200円程度だといいます。

では、そのパッキンをどこで入手したらいいのか?
ネットで調べるといくつかのショップが見つかりましたが、ここで問題になるのが送料。
200円程度の品物を買うのに600円とかの送料が掛かるのでは話になりません。
それに、私は“今”空気を入れたいのです。

次に市内の自転車屋さんに電話で問い合わせてみましたが、あまり色よい返事はもらえません。
「最近はあまりSILCAは出ないものですから…」
そうなんですか?

実はもう一台Panaracerの楽々ポンプゲージ付というのを持っているのですが、高圧までは入れにくくて、SILCAを買ってからはママチャリ専用にしていました。
そちらを使おうと引っ張り出してきたら、仏式のアダプターがないっ!
どこかへしまい込んでしまったらしいです……orz
HIRAMEポンプヘッドをこちらに付け替えるという手も考えたのですが、そうするとママチャリの空気を入れるのに使えなくなります。

やむを得ず、新しいポンプを購入することにしました。
ミソノイ蜆塚店で聞いたところ、お勧めはシマノのHPコンペティションだそうです。

画像


5250円。
「高圧でも楽に入りますよ」
ということで、即決。

帰宅してすぐに使ってみましたが、確かに楽々空気が入ります。
SILCAよりも楽かも。
しかもゲージが上の方にあって見やすいです(SILCAのゲージは下の方に付いているので、目が悪いと見えません)。
バルブからのはずしやすさはHIRAMEポンプヘッドの方が上のような気がしますが、使い心地は十分満足です。
おまけに米仏英の3種類のバルブ対応なのに、対応バルブの変更はヘッドを回転させるだけでアダプターを使用しないので、アダプターをなくしてしまう心配もない(^^;
私のようなうっかり者にはたいへん親切な構造になっています。

とは言え、SILCAも“メンテナンスさえすれば(さすが MADE IN ITALY)”ずっと使える代物(のはず)。
急がなくてもよくなったので、今度東京に遊びに行くときにでも、消耗品を少しまとめて購入してこようと思います。

まぁそれにしても、久しぶりの自転車ネタなのに、自転車に乗った話じゃないというのも寂しい限りですね。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空気入れ 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる