晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣いて粟ヶ岳

<<   作成日時 : 2009/03/01 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

インフルエンザで1週間寝込んでしまいすっかりナマってしまった体に活を入れるべく、Second Windさんプレゼンツの大王静岡練習会に参加してきました。

とは言え、朝から雨…(ToT)
中止かな?と思いつつ、早々に自走はあきらめて、車で掛川駅へ。
幸い途中で雨も上がり、大王メンバー5名+ゲスト2名で無事に走り始めました。
(体調不良のSecond Windさんはサポートカー←ありがとうございました)

今回のコースは掛川駅南口をスタートして小笠山を経由、150号線を東に向かって御前崎のなぶら館で昼食、牧之原の茶畑の間を走って粟ヶ岳に上り、倉真温泉方面から下って掛川駅に戻る、というもの。

法多山から東というのは初めて走りましたが、適度なアップダウンがあってなかなか快適でした。
小笠山ではトレイルランをやっている人も多いという話。今度走ってみましょう。

150号線は追い風♪のはずだったのに、今日は何だか向かい風でした(ToT)
灯台でお約束の写真撮影。
画像


昼食はなぶら館で“まぐろ丼”。
画像


画像


もう少し量があっても良かったかも。

エネルギー補給の後はせっせと消費。
まずは牧之原台地に上り、SCAセンチュリーで走った記憶のある道なども走りつつ、粟ヶ岳を目指します。

がっ!ここで痛恨のミスコース…。
何かおかしいぞ、と気づいたのは、すでに快適な下りを2kmも楽しんだ後……。
(どうやら旧東海道を日坂の方に下ってしまったようです)

間違えたところまで戻ったときには体力も気力も尽きていて、その後の粟ヶ岳のつらかったこと…。
この山、のどかな外見にだまされてはいけません。
画像


いや、真面目に泣きたくなりました。
何度歩こうと思ったことか…。
“歩いたって、誰も見ていないぞ”…、悪魔の囁きを振り払って、何とか登頂しました。

山頂レストハウスでは大王の長老S氏(写真左端)を囲んで歓談。
画像


御歳80にして、この粟ヶ岳を自転車で上ってしまうんですから、超人的です。
私、80歳になった時に上る自信が全くありません…。
40ン歳でも挫けかかったのに…。

レストハウスからは、静岡空港も一望できました。
噂の(笑)立木もバッチリ。
画像


その後、倉真温泉方面へ下ったのですが、これがまたハードな道で、狭いし、ガードレールは無いし、落石は転がってるし、おまけに上りの汗が冷えて寒いし、ただでさえ下りが苦手な私はフルブレーキでそろそろと下っていきました。

掛川駅まで走って解散。
本日ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました。
また次の機会にも是非ご一緒しましょう。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。私もが入りました。
私も本日は筋肉痛。久しぶりです。これも2月の不摂生の賜物かと思いましたが、chiezoさんでもってことは、やっぱり、粟ヶ岳のせいですね。
autumn
2009/03/02 23:30
やはりコースアウトの場所は、旧国一を日坂へ下ってしまたようですね。上り返しのハンディキャップは大きな負荷でしたでしょう。
またやりましょう。森町方面を回るコースも面白いかもしてませんね。
お疲れ様でした。
Second Wind
2009/03/03 07:20
>autumnさん
粟ヶ岳はマジきつかったです。千万町でもあんなにツラいと思いませんでしたから。
やっと背中がラクになってきました。
chiezo
2009/03/03 21:16
>Second Windさん
素晴らしい企画とサポート、ありがとうございました。
粟ヶ岳はもう少し練習して、きちんとリベンジしたいですね。サポートカーに抜かれたときは、心が折れる寸前でした(^^;
chiezo
2009/03/03 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
泣いて粟ヶ岳 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる