晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 小布施見にマラソン(食い倒れ編)

<<   作成日時 : 2010/07/20 16:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小布施見にマラソン終了。
戦いすんで日が暮れて…、とは行かず、我が家にとってこれからがメインイベントです。

シャトルバスで須坂市の駐車場に戻ったら、再び車で小布施の中心街へ。

何は無くとも“竹風堂”さんの栗おこわは食さなければ!

画像


山家定食。
おこわも美味しいんですが、鱒の甘露煮がサイコーです。

食後はそのまま数軒お隣にある“マロナップル”さんへ。
ヨメさんがジャムを買いたくて行ったのですが、美味しそうなものがたくさん。
食べたばかりだというのに、ついついマロナップリンを食べてしまいました。

画像


マロンプリンとりんごゼリーの二層仕立てになっていて、マロンプリンの下に敷かれたりんごゼリーの食感が絶妙です。

お腹が満足したので、北斎館へ。
毎年訪れていますが、少しずつ展示品が入れ替わっているので飽きません。
何よりこんな暑い日は涼しい中で芸術鑑賞です(クーラー目当てかいっ!)。

北斎館を出るとまた暑い…。
で、北斎館横の“栗庵風味堂”さんできなこ黒蜜豆乳ソフト(爆)。

画像


もう、ね、暑いのでこんなものばっかりです。

ハーフマラソンで消費した分以上のカロリーを摂取して、小布施を後にした我々は、安代温泉の安代館さんへ。
小布施見にマラソンに出るようになってから毎年お世話になっている宿です。
設備はちょっと古めですが、気持ちよく泊まれます。

夕方からのんびり温泉に浸かり、6時過ぎから夕食。

画像


画像


これでもかっ、とばかりのボリュームです。
ムスメとヨメさんが次々と討ち死にしていく中、最後まで踏みとどまって食べ続けていた私のお腹ははち切れんばかりでした。

食後は腹ごなしに温泉街の散策。
安代温泉自体はこぢんまりとした温泉ですが、100mも歩くと渋温泉街につながっています。

画像


画像


足湯に浸かってマラソンの疲れを癒やした後は、ムスメが楽しみにしていた射的です(^^;。

画像


今回は家族3人ともいい感じで的を落とし、たくさん景品をゲットしてきました。

部屋に戻って間もなく、全員撃沈zzz。

翌朝は、旅館らしい朝食でスタート。

画像


窓の外を下駄の足音が通っていくのも温泉街らしい風情です。

昨年は戸隠に蕎麦を食べに行って、2時間待ちの上に帰りは大渋滞というメに遭ったので、今年は手近な善光寺観光に行くことにしました。
安代館の女将さんから、善光寺に行くなら信濃美術館の東山魁夷館が開館20周年の記念展をやっていると伺ったので、そちらにも行ってみることにしました。

まずは善光寺。

画像


画像


画像


頭がよくなりますように……。

私自身は本堂の中にいらっしゃる“びんずる尊者(俗に「撫仏」といわれ、病人が患部と同じところを触れることで治していただくという信仰があります)”の右膝を撫でてきました。
よくなるといいなぁ…。

極楽往生を願ってお戒壇巡りもしてきました。
真っ暗な中、ムスメはちょっとびびり気味。

蒸し暑かったせいか、ヨメさんがちょっとダウンしたので、冷たいものをということで境内の茶店で心太(“ところてん”です)。

画像


最近寒天ダイエットってあまり聞かなくなってしまいましたが、夏の間、毎日お昼は心太でもいいな。

ヨメさんも復活したようなので、東山魁夷館へ。

画像


東山魁夷は大好きな画家の一人です。
20年くらい前に来た記憶があるので、多分開館したばかりの頃だったんですね。
そんなに混んでいなくて、ゆっくりと鑑賞できました。
ムスメの食いつきも北斎館よりよかったような…?

戸隠はやめておきましたが、長野に来たからには蕎麦を食べずに帰るわけにはいきません。
善光寺近くの“小菅亭”さんで肉そば。

画像


お肉(信州ポークだそうです)の出汁がよく出ていて美味しかったです。

さて、後は帰るだけ。
長野ICから上信越道、長野道と順調に走ってきましたが、“飯田山本から11km渋滞”、“土岐ICを先頭に25km渋滞”と、次々に不吉な情報が入ってきます。
幸い飯田ICまでは渋滞は無かったので、飯田で高速を下りて、R151から佐久間を抜けてR152、天竜川の堤防を走って帰ってきました。
飯田から3時間なら、渋滞の高速を走るより速かったんじゃないかと思います。
21:30、無事帰宅。

いやぁ、よく食べました(爆)。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小布施見にマラソン(食い倒れ編) 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる