晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 『誕生!中国の歴史』展

<<   作成日時 : 2010/08/13 23:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

アメ横で買い物。

のついでに、国立博物館・平成館で行われている『誕生!中国文明』展に行ってきました。

画像


画像


いやぁ、暑い日は博物館や美術館に行くに限ります。
涼しい中、イヤホンガイドも借りて、ゆっくり鑑賞してきました。

自分はどちらかと言うと文学系の人間なので、同じ歴史でも史学系の見方とは結構違ったりします。
文学だと、秦から漢楚の興亡あたりの歴史って見所が一杯なのに、秦の時代はたった15年だから、今回の展示でもすっ飛ばされていたりしますからね。

それにしても、こういう展示を見ると、やっぱり一度は中国に行ってみたくなります。
万里の長城とか兵馬俑とか、実物を見てみたいものです。

さて、展示を見終わると、毎度おなじみの売店があって、まぁ普通は図録を買うか、気に入った作品のポストカードを買うくらいなのですが、今回はちょっとした中国物産展みたいな感じです。

最初に目に付いたのが、トートバッグ。
漢字の成り立ちみたいな漢字になっていて、漢字フェチ(笑)としては見逃せません。

画像


そして、ネクタイ。
“南無阿弥陀仏”なんて書かれた怪しい(笑)代物もありましたが、こちらは諸葛孔明の“出師表”がプリントされたもの、1000円だし。

画像


さらに行くと、“璧”がありました。
“完璧”の“璧”です。
今回の展示物の中にもありましたが、古代中国では“玉”は“金”よりも格が上だったんですね。
で、悩んでいると、すぐ横には“玦”が…。(“ケツ”です。文字化けしていたらゴメンナサイ。)
『史記』の「鴻門の会」で、氾増が項羽に劉邦を殺させようとして、決断を迫る合図として使ったのが“玦”。
高校の漢文でやりましたね。
…8000円しますけど…、清水の舞台から飛び降りちゃいました(笑)。

画像


アメ横に来たのは、安いものを買うためだったんですけど、“爪で拾って箕でこぼす”とはまさしく私のことですね。

“ひものや”さんで干物をつまみに日本酒をいただき、

画像


“ジュエン”でTシャツとソックス(どっちもピンク♪)を購入し、
ついでだからと浅草に足を伸ばして神谷バーで電気ブランを引っかけて帰ってきました。

画像


画像


画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『誕生!中国の歴史』展 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる