晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS “パリブレスト”のパリブレスト

<<   作成日時 : 2013/12/07 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、小国神社で紅葉を楽しんだ後、せっかく森町まで来たのだから、と足を延ばして“パリブレスト”さんへ。
画像


半年前に来た時は5月半ばから9月中旬までという長〜い夏休みにぶつかってしまって無駄足だったんですけど、今回はちゃんと開いていましたよ。

お目当てはもちろん店名にもなっているパリブレスト。
画像


ところでこのお菓子、なんでパリブレストって言うんでしょう?

先日、「来年のブルベ」という記事の中に“PBP”って書いてしまったんですが、ブルベとかに興味のない方には何のことかわかりませんよね。
その“PBP”が、パリブレストなんですね。

ウィキペディアによると、
“パリ・ブレスト・パリ (Paris-Brest-Paris, PBP) は、フランスのパリからブレストまで往復する1,200キロのサイクリングイベントで、1891年に最初に開催され、現在でも定期的に行われている。世界最古の自転車イベントである。ブルベの最高峰とされ、パリ・ブレスト・パリの走行は多くのサイクリストの目標となっている。”
とあります。

4年に一度の開催で、参加資格は1年の間に200キロ、300キロ、400キロ、600キロのブルベを完走して、「シューペル・ランドヌール」の称号を受けていること。
300キロがやっとの私にははるか彼方にある、文字通りの最高峰です。

さて、そのツール・ド・フランスよりも長い歴史を誇るパリ・ブレスト・パリが初めて開催された1891年、これを記念して、と言うか当て込んでというか、作られたのがお菓子のパリブレストなんです。
沿道のメゾン=ラフィットの職人、ルイ・デュランの作とされ、シュー生地にプラリネクリーム、表面にはスライスアーモンドという形が出来上がったそうです。
この大きなドーナツのようなリングは、自転車の車輪のイメージなんですね。

そう言われてみれば……、
画像


こんな風に見えてきませんか?(笑)
画像


ちなみに、パリブレストは2個しか残っていなかったので、3人家族で揉めないように、
画像


キャラメル・ルーローも購入。

どちらも美味しくいただきました

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“パリブレスト”のパリブレスト 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる