晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 通勤時間と人生の幸福度

<<   作成日時 : 2014/02/18 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日上司に呼ばれ、今春は異動の可能性があると伝えられました(まだ、可能性の段階ですけど)。

今の職場に来て7年、その前が10年だったから、正直ちょっと早いかな?というところ。
そろそろ定年も見えてきて、残りの期間をどう過ごすかも考えないといけないし。
もう3年くらい今のところにいたいという気持ちもありますが、まぁ、こればかりは自分ではどうしようもありません。
行けと言われたところに行くだけです。

それでも、一応通勤時間とかは多少考慮してくれるので、その話の時にも上司から、どの辺りまでなら通えるか?という質問がありました。

「えー、そうですねぇ、20km超えちゃうとちょっと大変ですねぇ」

と答えたら、

「…………それって、自転車で考えてますよね?」

と言われてしまいました(笑)。

そりゃあそうです。
車だったらもう少し遠くても大丈夫です。
前の前の職場は、片道60kmでしたからね(さすがに遠かったですけど)。

さて、今朝BIGLOBEニュースでこんな記事が流れてきました。
画像


『通勤時間は人生の幸福度に大きな影響を与えるとの調査結果』

イギリスの調査結果らしいですけど、その中にこんな話がありました。

“・人生の幸福度は通勤手段によって異なる

通勤手段にも色々あるが、それぞれの幸福度の結果は以下の通りである。

【バス通勤】人生の満足度が最も低く、通勤時間を無駄に感じている人が多い。
【電車通勤】不満感を抱えている人が最も多い。

【自転車通勤】片道の通勤時間が16〜30分になると、他の通勤手段で通勤時間が15分以下の人よりも、幸福度が低く不安感は増加傾向にある。
【徒歩通勤】徒歩も自転車と結果は同様で、さらに人生の満足度も低い。

・通勤時間と幸福度は密接に関係

今回の調査結果で、通勤時間が人生の幸福度や満足度に与える影響は明らかである。通勤時間が長ければ、いくら高収入でマイホームを持っていてもその埋め合わせにはならず、エクササイズできる徒歩や自転車でも、通勤手段となるとストレス発散にはならないそうだ。”


へぇ〜、そうなんだ?
でも、それって多分、“通勤手段”だと考えているからですよね?
趣味で自転車に乗っている人たちは、“職場を出たら趣味の時間♪”って考えているんじゃないかなぁ。
だったら、通勤時間が長い方が幸福度は高くなりますよね。

実は私、前回の異動の時に、こんな地図を作っていました。
画像


自宅を中心にして、どこら辺までなら自転車で通えるかという地図です。

直線距離なので、実際はもう少し遠くなると思いますし、市街地だと距離以上に時間が掛かるかとは思いますが、20km圏内でも意外と候補がたくさん見つかります。
まぁ、距離だけが条件じゃありませんけど、どうせ異動になるのなら、行き帰りの時間も楽しく通える職場がいいなぁ。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
通勤時間と人生の幸福度 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる