晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂だらけの自転車道

<<   作成日時 : 2014/10/11 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、法多山までサイクリングしたときのこと。

せっかくなので、ひさしぶりに太平洋岸自転車道を走ろうかと。

なのに、なんじゃ、これは?
画像


すっかり砂をかぶってしまっています。

タイヤはズルズル滑って走れないし。
画像


以前走った時には、この区間はこんなヒドくなかったはずだけど……?
この間の台風のせい?

と自転車を押していた(乗れないし)のですが、ふと気づきました。

何だか、明るいぞ?

この区間、以前は防砂林が茂っていて、夏場のランニングには重宝したんです。
それが無くなっていたんですね。
画像


すっかり伐採されてしまってます。
画像


どうやらこれが、自転車道に砂がかぶっている原因のようです。

じゃあ、どうして伐採しちゃったのかな?

マツクイムシの被害で枯れちゃったの?というのも考えたんですが、もしかしたらアレかも。
画像


そう、防潮堤。

東日本大震災を受けて、浜松・磐田・袋井・掛川が造ろうとしている防潮堤は、延べ44kmに及ぶと言います。
画像


このあたりの津波は12mが想定されているので、防潮堤の高さは14mになるのだとか。

あの工事のために伐採されたというのもあるのかなぁ?と。
確認したわけじゃありませんけど。

だとすると、この日私が自転車を押して歩いたのは、元はと言えば大震災の小さな余波?(←いや、小さすぎるから…)

まぁ、治水は国家百年の計ですからね。
古代中国、夏王朝(殷の前)の始祖である禹は、黄河の治水に功績があったと伝えられているし。
20年後の完成を目指して工事をするのも大切なことです。
そのためには、自転車道が砂をかぶるくらいは我慢しなくちゃいけないですね〜。
もしかしたら、新しい防潮堤の上に素晴らしい自転車道が整備されるかも知れないし。
その時お前は何歳だよ?っていう話ですけど。

ちなみに伐採されていない区間はこんな感じ。
画像


台風で飛ばされた小枝や葉っぱでオフロード状態(笑)。

どっちにしてもロードバイクで気持ちよく走れる状態ではありませんでしたね。

またまた近づいている台風で、これ以上ひどい状態になりませんように…。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂だらけの自転車道 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる