晴走雨読

アクセスカウンタ

zoom RSS 虫けら、喰ってやる

<<   作成日時 : 2015/11/04 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アニメ『ワンピース』の昔のオープニングで、ゴール・D・ロジャーが「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ」と言うんですが、
画像


我が家のムスメは幼稚園の頃、何を間違えたのか、「虫けら喰ってやる」と覚えていまして。
ロジャーなら虫けらどころかもっと大物でも喰っちゃいそうですけど。

というのは前フリで、虫けら喰ったというお話です。

長野県のような山国では、昔はイナゴなんかが貴重な蛋白源だった、というのは有名ですが、そんな高尚(?)な話でもなく。

土日月と突然寒くなってしまいまた全然走らなかったんですが、昨日は穏やかな日になったので天竜川の河川敷まで走りに行きました。
ところが、この河川敷の自転車道がムシだらけなんです。

夏場の夕方もムシが多いコースなんですが、もう11月だし大丈夫だろうと思ったら大間違い。

いわゆる“蚊柱”が、ほぼコースの全域にわたって発生しています。

この“蚊柱”ですが、ユスリカという「ハエの仲間」の群れなんですね。
だったら“蝿柱”じゃん、と思うんですが、“蝿柱”なんて言われたら死んでも近づきたくないです。

この群れ、メス1匹に対してオス100匹くらいという逆ハーレム状態の集団なんだそうです。
厄介なことに170センチ〜2メートルくらいの所、ちょうど人間の頭の位置に集団を作る習性があるために、走ったり自転車に乗ったりしているとモロに頭から突っ込んじゃうんです。

で、そんな群れが河川敷コースの片道5km、往復10kmの間びっしりといるわけですよ。

初めのうちは避けようとしていたんですが、とても避けきれるわけがありません。

うっかり口の中に飛び込まれると、そのまま喉にペタッと貼り付く感じがして、ウェェェェッとなります。
できるだけ口を開けないように走っていても、鼻の穴に飛び込まれてはどうしようもありません。
昨日はコンタクトじゃなくて眼鏡で走っていたのがせめてもの救いでした。

いやぁ、貴重な蛋白源を大量に補給できました………………って、そんなわけあるかぁぁ(#`Д´)ノノ┻┻

ちなみに、“蚊柱”は夏の季語です。
11月なのに?って思ったら、“フユユスリカ”という種類がいるんですね。
秋の終わりころから冬の間に発生するそうなんですが、なんでそんな時期に?
冬の間くらいおとなしくしてろよ、って感じです。

水辺に発生するムシなので、河川敷とかは鬼門ですね。
このコースを走るなら、マスク必携です。

昔、山の中の勤務地にいた頃、上司が地元の人で、時々ジバチの幼虫を捕まえてきておにぎりに入れて振る舞ってくれたことがありました(みんな戦々恐々としていたなぁ)が、食糧不足とかでユスリカを集めて食べなくちゃいけなくなる、なんてことがありませんように……。

画像ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
虫けら、喰ってやる 晴走雨読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる